ー 御当地インク様々 ー

 前に「インクを楽しむ」という記事を書いた。インクの多種多様なことは、その記事で触れたが、今回は私の地元に近い京都、神戸、名古屋のインクを紹介する。

  明治天皇御製
  思ふこと いふべき時尓(に)  いひてこそ 人のこゝろも つらぬきにけれ

ink-01.jpg


  神戸ナガサワ文具店:恐らく日本で一番多くの種類のインクを出していると思う。その種類は増殖し続けている。「波止場ブルー」に始まったこの御当地シリーズは今や60種を超えている。私は一つも持っていないが、次のようなものがある。全部は紹介しきれないので、一部だけの紹介にする。詳しく知りたい方は、「ナガサワ・オリジナルインク」を検索していただくと見ることができる。売り出された順は分からないので、知っているものを順不同で紹介する。

  ー インク名 ー
 波止場ブルー・六甲グリーン・旧居留地セピア・有馬アンバー・生田オレンジ・麻耶ラピ
 ス・塩谷ブルー・中山手ブラック・垂水アプリコット・北野坂ナイトブルー
 住吉ブラウン・神戸レンガ・六甲アイランドスカイ・北野オリーブグリーン等々

ink04.jpg

   Pen and Message(神戸):開店当時から付き合いのある店主の吉宗さんが使っていたインクの色が気に入って、譲って欲しいというと、近々商品化すると聞いて待っていた。「冬枯れ」(およそ10年前発売)は今でも使っている。人気の高いインクだ。

  ー インク名 ー
  冬枯れ・朔(さく)・山野草・朱漆・Cigarを出された。
  以上、神戸のインクはセーラーインクとのコラボだ。

  TAG(京都):最初に出された「青鈍(あおにび)」の人気が高かった。最近は、京都と分かる名前のインクを出されている。

  ー インク名 ー
  青鈍(あおにび)・京彩(きょういろ)伏見の朱塗・今様色・苔色・山吹色・三条
  祇園四条・清水五条・七条
  ここは自社オリジナルのようだ。

  三光堂(名古屋):万年筆好きなら知っている名古屋の老舗万年筆店だ。この店の「名古屋城セピア」(上の写真)は特に有名だ。

  ー インク名 ー
  熱田の森グリーン・大須レッド・名古屋港ブルー・徳川園牡丹・鶴舞ブルー・桶狭間
  グリーン・東山グリーン・白壁グレー・四間道ブラック・名古屋城セピア
  この店もセーラーインクとのコラボだ。

 以上4店のインクの一部だが、日本は北海道から九州までの各都市に万年筆店があり、上と同じようにその店オリジナルインクを作っている。まさに数限りないインクの色と種類だ。


  明治天皇御製
  言の葉に あまる誠は おのづ可(か)ら 人のおもわ尓(に) あらはれに希(け)り

ink-01.jpg


  ー 本来の色 ー

 前の記事と同じように、いただいたインクを毛筆で使ってみた。三光堂オリジナル名古屋城セピアは、書いている時と乾いた時と色が明らかに違ってくる。緑から黄色がかったセピア系の色に変化する。このことでも有名だ。



 普段使っているアウロラのブルーブラックでも書いてみた。万年筆に入れると、時間の経過とともに、どうしても色が濃くなるが、本来はこの色なのだと改めて知った。インクを筆で書いてみると、そのインクの本来の色が分かる。

ink04.jpg







  ー 万年筆(太字) ー

 万年筆のペン先には、実に様々な種類がある。字幅だけでも、極細から極太まで中字や斜字体用などを含むと、到底全ての 字幅を試すことは不可能だ。
 加えて、日本のメーカーの字幅と海外のメーカーの字幅は、例えば、同じ中字(M)と表記されていても線の太さは違う。
 もっと厄介なのは、同じメーカーでも、万年筆の大きさによって、たとえ同じ表記であっても字幅が異なることだ。ある程度の個体差はあるとしても、明らかに万年筆の大きさによって字幅が異なる。ましてや、ペン先の硬さ・柔らかさともなると、千差万別と言ってもよい。
 纏めると、

   国によって、同じ表記でも字幅は異なる。
   メーカーによって同じ表記でも万年筆の大きさで字幅は異なる。
    例として、日本のメーカーの字幅は次のようなものがある。
   パイロットの最もポピュラーな万年筆の字幅は、EF・F・SF・FM・SFM・M・SM
                         ・B・BB・C・PO・FA・WA・SU
   プラチナの最もポピュラーな万年筆の字幅は、超極細、極細、細字、細軟、中字、
                        太字、極太。その他
   セーラーの最もポピュラーな万年筆の字幅は、細字、中字、太字だが、
             ペン先の形状に極めて特徴的なもの(薙刀研ぎ等)がある。
   海外のメーカーの文字幅表記は、日本のそれとは違う線の太さである。
   同じメーカーでも万年筆の大きさが違えば、同じ字幅の表記でも字幅は異なる。

 大体、以上だ。
 今回は、海外メーカーの太字(B)で書いてみた。
                           
  
swatch01.jpg  パーカー
 デュオフォールド
 文字幅 (B)
 「残暑見舞い」
 
 















MYOKUSOKUGO.jpg  ペリカン
 スーベレーンM800
 文字幅 (B)
 人生感悟・「無欲则刚」
 林則徐(りん そくじょ)
 (Lín Zéx)
 
















  ー Bokusen-ji,temple ー

   "Bokusen-ji" temple is very close to my house.  The temple is famous for beautiful cherry blossoms in spring. Every year, I enjoy the cherry blossoms blooming there. It is so lucky for me to be able to see the beautiful blossoms.
 

sumizome01

  Actually, I don't like flowers like tulips, roses, cyclamens, and so on.  I can't endure to see flowers put in vase, especially in my room! They are too bustling to see in the small room except "Chashitsu," tea-ceremony room. However, I like cherry blossoms, white magnolia, willow trees because they are trees.

sumizome02

  Now back to the temple's topic.  It has great history. Ancient Japanese poets composed and left many tanka poetries,  Japanese poem of thirty-one syllables, including the word, "Sumizome," which is another way of reading the "Bokusen."  And then we know the district and streets around the temple have ancient history.

  ー 墨染寺(ぼくせんじ) ー

   墨染寺は平安時代の874年に、第56代・清和天皇の勅願を受けた太政大臣・藤原良長が創建した「貞観寺(じょうかんじ)」に始まるのだとか。その後、安土桃山時代には豊臣秀吉が土地を寄進し、大僧都・日秀上人が日蓮宗・墨染桜寺(ぼくせんおうじ)として再興したと言われている。

sumizome03

現在の場所へは江戸時代に移され、 お寺のある墨染(すみぞめ)という地名の由来にもなっている。
 墨染の地名は、日蓮宗「墨染寺(深草山墨染寺、桜寺)」(ぼくせんじ)という寺院に由来する。

  ー 墨染 ー

  私が住んでいる深草墨染(ふかくさ・すみぞめ)は、長い歴史のある地だ。
遠い昔の和歌にも歌われている。最も有名なのは、

 古今和歌集第16巻832

上野岑雄(かむつけのみねを)の歌

 「深草の 野辺の桜し 心あらば 今年ばかりは 墨染めに咲け」

「墨染めに咲け」の「墨染め」とは、 上野岑雄が藤原基経の死を悼んだ歌で、喪服・僧衣の色で、悲しみを表している。

  ー深草少将・百夜通いー

  この歌に出てくる「深草」は、深草少将の深草で、「小野小町に熱心に求愛するが。小町は彼の愛を鬱陶しく思っていたため、自分の事をあきらめさせようと『私のもとへ百夜通ったなら、あなたの意のままになろう』と彼に告げる。それを真に受けた少将はそれから小町の邸宅へ毎晩通うが、思いを遂げられないまま最後の雪の夜に息絶えた。」という何とも切ない「百夜通い(ももよがよい)」の逸話で有名だ。

  ー「墨染」が詠まれる歌ー

   他にも、

 世にふれど君におくれてをる花はにほひて見えず墨染にして (和泉式部)
 墨染に咲かぬもつらし山桜花はなげきの外の物かは (平親世[新後撰])
 墨染に咲かぬ桜もこの春は心あればや露けかるらむ (惟宗光吉)

  このように、墨染という言葉が使われた歌がある。

sumizome04

  ー宿場町・撞木町ー

   墨染という地は、京街道、奈良街道、伏見街道が交差し、宿場町として栄えた。この事もあり、1699年(元禄12年)、茶屋株(お茶屋の営業権)が墨染の南部(現在のインクライン(琵琶湖疏水)の伏見新放水路の西側)で許可される。そこから、撞木町(しゅもくちょう)の花街が生まれ、忠臣蔵でおなじみの大石内蔵助もここの廓でも遊んだ伝説が語り継がれている。
 天保の改革による取締りを受け、茶点女(ちゃたておんな、茶店で接待する女性)や飯盛女(めしもりおんな、旅籠で接待し売春をする娼婦のこと)を抱えることを禁じられたが、すぐに再開された。

sumizome04


   <墨染寺の楓>


  ー墨染の今ー

 1878年(明治11年)、芸妓3名、娼妓11名の存在が確認されている。

sumizome04

  <写真は涼しげに下がる鎖樋>

 しかし、花街としての墨染は衰退していくようになり、1911年(明治44年)頃、前年(1910年(明治43年))に開通した京阪電車によって客足がなくなり、大正時代に入り自然消滅した。
 なお、2018年現在、周辺は住宅地となり、大正時に当時の関係者たちによって建立された記念碑と、栄えていた当時から存在する門柱と祠が現存している。


  ー 英語のカッパープレート体やカーシブライティング −

  Copperplate and Cursive writing of English alphabets are excellent.  As a matter of fact, I'm training them in order to write fine letters in English. One of my acquaintances is marvelous writer of English.  He is always training his letter-writing, nevertheless he has already mastered very fine writing skill.  His writing is terrific!

night01


  Then I was wondering what is most beautiful writing of Japanese character.  "Sousho," or cursive style of writing Chinese characters and "Hiragana" with "Mouhitsu," or writing brush are the ones I found most beautiful. However, "Mouhitu," writing brushes are inconvenient because those need so many tools.  At last, I decided to train "Sousho" with fountain pens. 
  These works are "Tanka," Japanese poem of thirty‐one syllables I wrote today. (The picture above is Mr.Iwata's)


      

  ー 万年筆で書いてみた。 −

 英語のカッパープレートや筆記体は美しい。知人の一人に英語をすごく美しく書く人がいる。十分に美しいと思うが、毎夜、英文を書くことを習慣にして練習していると聞いた。
 実は、私もカッパープレートやカーシブ・ライティングの練習をしている。
 日本語はどうだろうと考えた時、どうしても毛筆で書かれた古書が頭に浮かぶ。毛筆で書くのには、墨や硯を用意しなければならない。筆ペンでは、本当の毛筆の味は出ない。
 そこで、万年筆で草書や変体仮名を使って、なんとか日本語の美しさを表せないものかと思い及んだ。

    ー 短歌 ー    (注:スマートフォンで近くを撮ると、写真が台形に写る。)

   樋口一葉
 「われは左(さ)は 恋寸(す)る身なり人ごと二(に) 幾介(きけ)る可(が)如き
  物おもひそふ」
    万年筆:ファーバーカステル・クラシックコレクション・ペルナンブコ(EF)

night01


  与謝野晶子

「みだれ髪 京の島田にかへし朝 ふして以(い)ませの 君ゆりおこす」
   万年筆:モンブラン・ヘリテージコレクション・ルージュ・エ・ノワール (M)

kana01






  ー 藤森神社 ー


 家が藤森神社の近くにあるので、子供の頃から慣れ親しんだ所だ。子供のころは、こう言っては失礼だが、綺麗な神社というイメージを持っていなかった。

 小学校も近かったので、この神社で遊んだり、ここを通り抜けて家に帰ったりしていた。私は、あまり伏見稲荷が好きではない。というのは、小さな頃、父からこう聞かされていたからだ。「稲荷はな、藤森さんに米俵一俵分の土地をくださいと言って、その米の苗を一本づつ四角に土地を囲うように植えて、広大な土地を藤森神社から奪ったんだよ。」

night01

 子供心にも、そのやり方に憤りを感じたのを覚えている。賢いなぁと感心はしなかった。どうしても、今は繁栄の盛りに思える伏見稲荷と比較して、藤森神社の方が好きだ。昔はなかった行事ができたり、竹藪だった土地は綺麗に整備されて、今は昔の面影はない。しかし、ここに来ると何故かほっとする。

night01

 今朝は早くに散歩に出かけた。陽は昇りかけていたが、まだ夜の明け切らないうちに行くと空気が澄んでいて気持ちが良い。早くもお参りに来ている人もいる。竹箒で境内を掃除するご老人、刈込み鋏で枝の剪定をする人たちに挨拶をすると、「おはようございます」と丁寧に返していただける。

 カメラを構えても、何事でもないように見過ごしていただけるのが、返って嬉しい。そんな今朝の散歩だった。

night01

<以下、ウィキペディアより引用>

藤森神社(ふじのもりじんじゃ)は、京都府京都市伏見区深草に鎮座する神社である。旧社格は府社。

5月5日に行われる駈馬神事や、菖蒲の節句の発祥地として名高い。6月から7月にかけて紫陽花苑が公開され、3,500株にもおよぶ紫陽花が見もの。


                         「藤森神社」へのリンク



  ー 歴史 ー

 
創建年代や祭神には諸説ある。社伝では、神功皇后摂政3年(203年)、三韓征伐から凱旋した神功皇后が、山城国・深草の里の藤森に纛旗(とうき、いくさ旗)を立て、兵具を納め、塚を作り、祭祀を行ったのが当社の発祥であるとしている。当初の祭神は、現在本殿に祀られる7座であった。藤森の地は現在の伏見稲荷大社の社地であったが、その地に稲荷神が祀られることになったため当社は現在地に遷座したと言われている。そのため、伏見稲荷大社周辺の住民は現在でも当社の氏子である。なお、現在地は元は真幡寸神社(現・城南宮)の社地であり、この際に真幡寸神社も現在地に遷座した。

本殿は東・中・西殿の三座から成る。

東殿は、天平宝字3年(759年)に藤尾の地に崇道尽敬皇帝(舎人親王)を祀る神社として創建されたもので、元は藤尾社と称していた。永享10年(1438年)に当社に合祀された。

中殿は正徳2年(1712年)に中御門天皇より下賜された宮中内侍所であり、現存する賢所としては最も古い。

西殿は、延暦19年(800年)に早良親王を祀る神社として塚本の地に創建され、文明2年(1470年)に当社に合祀された。早良親王は生前当社を崇敬していた。陸奥で反乱が起こったとき、早良親王は征討将軍となり当社に詣でて戦勝を祈願した。その出陣の日が5月5日で、これが現在の駆馬神事の元である。


本殿の左右後方にそれぞれ末社の八幡宮、大将軍社の社殿があるが、永享10年(1438年)の建築当時はは本殿と並んで一列に建っていたと見られている。

吉田兼倶の「藤森社縁起」、あるいは『拾遺都名所図会』巻五[6]等によると、光仁天皇の天応元年(781年)、に異国の蒙古が日本へ攻め寄せ、早良親王が大将軍となり率いた軍勢がこれを退けたが、その際当社に祈願したことより当社に弓兵政所の異名がつき[2]、また境内にある蒙古塚は、この時の蒙古軍の大将の首を埋めたものと伝わる。

拝殿のそばに「むらさきの 雲とぞよそに 見えつるは 木高き藤の 森にぞありける」という待宵の小侍従作の歌碑があり、古に藤の叢林があったと思われる。

night01




  ー 特色 ー

 

駆馬や菖蒲→尚武・勝負の連想、武神が多く祀られていること、また明治時代から第二次世界大戦終了まで周辺が軍用地であったことから、馬と武運の神社として信仰を集めた。現在は馬と勝負事の神社として知られており、競馬関係者・ファンの信仰を集めており、競走馬の絵馬が多数奉納されている。また舎人親王を祀ることから学問、特に受験での勝運をもたらす神社とされる。神社の森は東隣にある京都教育大学の豊かな樹木群に連なっており、一体化した森のようになっている。
藤森神社の氏子の居住範囲は藤森神社周辺から北側へ、伏見稲荷大社周辺を含みJR京都駅近くまで広がっている。このため伏見稲荷の氏子が多く居住するのは本体の稲荷社の周辺ではなく京都駅より西のJRの南北の区域となっており、この点に関して「もともと藤森神社があった土地に後から伏見稲荷が来た」という内容の説が多数残っており、上記神輿の伏見稲荷境内への巡幸もこの説を根拠の一つとなっている。

night01

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11