Tag & Sticky Note

    - coco fusen -

「ふせんはいつもココにいるよ」というアフォリズムで売り出されたこの付箋は、昨年グッドデザイン賞を受賞した。株式会社カンミ堂の逸品だ。
小さくて可愛い付箋だが、なかなかの機能を持っている。順に言うと、この付箋はケースごとに貼付けられる。(写真左上)ケースから取り出すと、次の1枚が取り出せるように上下交互に出てくる。つまり、ティッシュペーパーの要領だ。
 ケースの中で蛇腹に粘着部分が重なっている。下の写真のピンクの付箋は下が出ている。次の利点は、その薄さと粘着性だ。極めて薄く小さいので、何枚張ってもページの邪魔にならない。また。粘着性が高いので、栞の役目を十分に果たす。(写真中央左)透明度が高いので、付箋を張っても下の文字が見える。(写真右上)
 私は上にあげた機能を使って、ノートや本の整理と目印にしている。他にもこの付箋はボールペンか鉛筆でなら文字を書くことができる利点があるが、その機能は利用していない。それらの筆記具を使う人にとっては、便利な機能だと思う。
 私がこの付箋が気に入っている理由のもう一つは、無地であることだ。似たような付箋があっても、色々な柄や模様、何かの絵が描かれている。それが、私には邪魔だ。やはり、無地が良い。4色あれば、十分に整理や目印になる。もっとも、よく使うのはグレーとピンクだ。重要度に合わせて、自分なりに色を使い分ける。

    - My Post-it -

 <ウィキペディアより引用>
最初の糊付き付箋製品であるポスト・イット (Post-it) はアメリカの化学メーカー3Mによって開発された。1969年、同社の研究員スペンサー・シルバーは強力な接着剤を開発中に、たまたま非常に弱い接着剤を作り出してしまった。当初この弱い接着剤は用途が見つからなかったが、1974年に同社研究員アーサー・フライが本の栞に応用できないかと思いついた。このエピソードは、偶然から大発明を生む「セレンディピティ(偶察力)」の典型例として知られる。1977年には試作品が完成、テスト販売では当初苦戦するが、大企業の秘書課に配られた試供品が好評を博し、1980年の全米発売につながる。それ以降、ポスト・イットは世界中に広まり、現在では100ヶ国以上で販売されている。

 ポストイットの歴史には感慨深いものがある。今や付箋といえば、ポストイットと言っても通るくらいになった登録商標だ。
 我が国では、数年前から住友スリーエム社がこのポストイットをオンラインでカスタマイズできるシステムを作った。ポストイットと言えば黄色が定番だが、自分の好きな色に好きなデザインを付すことができるシステムだ。3年ほど前に試しに作ってみたが、なかなか使い勝手が良い。自分の名前があらかじめ入っているので、メモを誰かに渡すときにも自分からだと分かってもらえる。(写真中央右)それまでは、シャチハタでハンコを押していた。
 専用ケース(写真下)も作られるようになって、ポケットに入れていても散けることがなくなったので、ちょっとした自分用のメモにも使える。このちょっとしたメモが役に立つ。手帳に書くまでもないが、例えば、この数字は一時的にメモしておきたいと思う時など、普通のメモ用紙なら失くしてしまいそうになるところが、その心配がない。
 たかが付箋、されど付箋だ。ビジネスシーンにほんの少し余裕と楽しみを加えてくれる。

■ それぞれの画像をクリックすると拡大されます。

stickynote01.jpg stickynote02.jpg
stickynote03.jpg stickynote04.jpg
stickynote06.jpg stickynote05.jpg

    - 万年筆のT P O -

 仕事でも、旅先でも常に何本かの万年筆を持ち歩く私だが、それは、文字を書く上でのTPOというものを私なりに持っているからだ。
 大人数の会議などで多くの人目に曝される時の万年筆は、真面目に記録を取っているように威圧感のあるペリカンの大きなブラックボディを。少人数の会議でメモを取る時は、あまり威圧感のない普通サイズの万年筆を使う。後者では、主催でない限り、こっそりと書くことを楽しむために色々な万年筆を使う。
 旅先で手紙を書く時は、その地の様子や景色、私が受けた心象風景などが伝わるように万年筆を選ぶ。葉書に書くか、便箋にしたためるのか、どちらが私の想いを伝えるのにふさわしいかを考える時、その葉書なり便箋なりを受け取った相手の顔を思い浮かべる。
 しかし、一つ困ることがある。せっかく今日はこの万年筆だと決めて、書き始めると途中でインクが無くなってしまうことがある。万年筆まわりのことには気を配っているつもりだが、時々、そういう失敗をする。
 かといって、常にインクボトルを持ち歩く訳にはいかない。職場にはインクボトルを置いているが、会議室まで持って行く訳ではない。仕方なく、ペンケースの中の別の万年筆を使うことになる。
 旅先では、たっぷりインクが入っているつもりで持って行った万年筆がインク切れを起こすことがある。多くのことを書いているうちに無くなってしまうこともある。そんな時に役立つのがトラベルインクポットだ。

    - ビスコンティのインクポット -

 私は、インクポットを2つ使っている。その一つが、ビスコンティのトラベルインクポットだ。6、7年前に購入したが、箱もイタリアらしいデザインが気に入っている。インクポット自身のデザインはシンプルだが、飽きさせない気品がある。
 使い方は、インクポットに付属のスポイトでインクを入れて、差し込み式のキャップを閉める。インクポット内部は、ペン先を差し込んだ時にインクが漏れないように円錐の形をしたゴムが張ってある。ペン先を差し込んで、インクポットが上になるようにひっくり返してインクを吸い込む。お医者様が注射器に瓶から薬を吸い込む時の様子を思い浮かべて貰えば、そのとおりである。
 キャップには小憎らしい工夫がある。実際には私は使わないが、キャップの上部がまたキャップになっていて、それを外すとペン先に付いた余分なインクを拭き取るスポンジが現れる。至れり尽くせりだが、これがイタリア職人の遊び心かなとも思う。

 長さは、普通の万年筆より少し短く、太さは大型万年筆より少し太い。
 大きなペンケースにならすっぽり入る。

Visconti Travel Inkpot

Visconti Travel Inkpot

Visconti Travel Inkpot

    - 私の必需品 コクヨレポート用紙 -

 以前から「スタイル」のページをリニューアルしようと考えていたが、いよいよリニューアルに取りかかることができた。このホームページは「万年筆」の紹介がプライマリーコンセプトだが、写真やブログのページも備えている。しかし、万年筆以外のブログはあくまで付属だと考えている。私にとって、最も難しいコンセプトがこの「スタイル」のブログだった。当初は、様式美を紹介しようと意気込んだが、無謀だった。今から考えるとそれだけで、メインのホームページが作れそうだ。
 新たに考えたコンセプトが、文房具を中心にしたブログだ。「これなら、身の回りにあるものをページにアップして、自分で見て楽しむことができる」、そう考えた。

 前置きはこれくらいにしておき、本題に入ろう。私にとって文房具の中で一番大切なのは、(万年筆を除いて)ライティングペーパーだと思う。書く獲物は万年筆であったり、鉛筆やボールペンも使う。ペンケースや手帳、スティッキーなども自分用に集めて楽しい。でもやはり、このスタイルの最初の記事は、ライティングペーパー、コクヨのレポート用紙だ。

 私は、万年筆を楽しむ時、いつもこのライティングペーパーを使っている。A4の用紙一杯に、もう書く隙間がないと思うまで書く。コクヨのレポート用紙が万年筆のインク滲みの具合やペン先の感触などが、他のライティングペーパーや便箋、手帳、ダイアリーなどの基準になる。従って、ペン先を調整していただくペンクリニックなどには、必ずこのレポート用紙を持って行く。万年筆店のお試しセットの紙は、インク滲みが良く、線が太く書ける。この方が、客には書き易くて買う気にさせるからだ。ペンクリニックで、そんな紙に書いても本当のペンの調子は分からない。

 最も大切に思っているのは、値が安くて、いつでも手に入ることだ。コクヨのレポート用紙はコンビニエンスストアにも置いている。少々乱暴な使い方をしても、気を使うことがない。
 横に置いていて、暇ができれば万年筆で落書きをする。私の最も消費量の多いライティングペーパーだ。 

 6㎜罫(青表紙)と7㎜罫(赤表紙)がある。  

report01.jpg

 これでもまだ、3分の2使った程度。最初は行儀よく書き、
あとは空白を使ってランダムに書きつぶす。

report02.jpg
 スタイルのコンセプトを変えます。

 ちなみに、下の写真はレンタルファームで家庭菜園して作ったカボチャです。
 1作目のカボチャはもっと大きかったのですが、これは2作目のもの。小さいけど栗カボチャなので味は甘くて美味しかった。
 大根やカブラ、ニンジンなども上出来にできました。
 アナログ志向もついにここまで来ました。(笑)新たなスタイルの記事ができるまで、しばし、このカボチャでも見てお楽しみください。新しい「スタイル」のコンセプトは「文房具のスタイル」などを考えています。
 (画像編集="トイカメラ風")

spumpkin03.jpg