ー 夜の鴨川 −

      祇園祭の山鉾巡行も終わり、落着きを取り戻した京都。やはり、この静けさが良い。夜の宮川町もしっとりとした静寂の中に、美しく澄んだ三味の音が聞こえて来る。鴨川も見慣れた流れになって、川面に映る灯が綺麗だ。夜の帳が下りると昼間には見えなかった風景が人々の目を魅了する。

night01

 

「京の夜」と呼ぶに相応しいところを、カメラに収めた。



     − 京の花街 −

 京都には、6つの花街がある。上七軒、祇園甲部、祇園東、嶋原、先斗町と宮川町だ。いわゆる京都の六花街と呼ばれる所だ。嶋原以外の京都花街組合連合会に加盟している5つを総称して五花街と呼ぶこともある。しかし、京都で一般には、祇園甲部、上七軒、宮川町の順で知られており、「京の花街は3つある」と思われている。
 事実、他の3箇所は花街とは言えない向きがある。嶋原は、江戸の吉原と比較される遊郭だった。江戸時代には現在の東本願寺の北辺りにあった廓(くるわ)が1641年(寛永18年)に現在のJR丹波口、中央卸売市場近くに移転された。「島原太夫」(漢字が違う)は有名で、今も嶋原には芸妓や舞妓が行き来するので、関係者は遊郭と思われるのを嫌がり、花街と呼んでいる。しかし、やはり遊郭のイメージは払拭できずにいると私は思う。

night01

 忠臣蔵で有名な大石内蔵助が山科から通った2つの遊郭、「橦木町」と「一力」も有名だ。「橦木町」はその痕跡を石柱の碑に残すだけになり、「一力」の方は、現在、京都で最も格式の高いお茶屋(芸妓を呼んで遊ぶ店)の一つとして知られている。ちなみに、私の住む京都の墨染は橦木町に近い。私が小さな頃は昔の遊郭の跡が多く残っていた。

night01

 先斗町は、「ぽんとちょう」という読み方が京都らしいが、今はかつてのお茶屋が町屋風カフェやダイニングに変わり、かつての風情はなくなっている。少なくとも20年前までは、花街と呼ぶに相応しい風情があった。今や若者の歓楽街に成り下がっていると思う。確かに、数件の店には芸妓や舞妓が今も出入りはするが。稲荷大社や清水寺が観光地になってしまったのと同じ巡り合わせを辿っている。
 花街の話になれば切りがないので、ここまでに留める。また、京都の地名についても別の機会に紹介したい。
 さて、結論から言えば、私は宮川町が一番好きだ。祇園が観光地になり、せっかく風情のあるお茶屋さんも、観光客の多さと派手な服装で、先斗町と同じ運命を辿るのではないかと危惧する。しかし、先斗町と違うのは町屋を改造して入る店が違うことだ。ライカ京都店やHUBLOT(ウブロ、スイスの高級腕時計)京都店などが、その象徴的存在だ。入っても値段を見た途端に店を出る人が多い。格式だけは守られると期待している。

night01

 縷々綿々と書いてきたが、宮川町は今も、昔の祇園や先斗町、上七軒の風情をそのままに、昔ながらの花街らしい。石畳の路地のような道の両側にしっとりとしたお茶屋さんや料亭が並んでいる。観光客も何故かここでは見ない。ほっとする京都の町通りだ。



  ー インクも多種多様 ー

  10年ほど前にパイロット社が色彩雫という名前の特別なインクを3色売り出した。今では、この色彩雫シリーズは24色に増えている。セーラー社やプラチナ社も、これに続いて多種多様なインクを売り出している。極めて廉価であり、機能は優秀な万年筆が売り出されるようになり、万年筆を愛用する若い人たちが増えている。様々な色のインクを楽しむようだ。その土地のご当地インクや、名所旧跡を名前にしたインクも随分増えた。万年筆売り場は色とりどりのインクで溢れている。
インクと言えば、色褪せしにくい顔料インクと濃淡が出る染料インク、それにヨーロッパでは9世紀頃から使われてきた没食子(もっしょくし)インクがあるが、それぞれに特性があり、使われ方も違っていた。


  ー 毛筆で書いてみた ー

ink0101.jpg


 最近は、万年筆を使う年代も幅広くなり、又、極めて廉価の万年筆も売り出されて、ますます多くの人が万年筆を使い、主に若い者をニーズに合わせて各社が競って新色のインクを出すようになった。国内外を問わず、老舗万年筆メーカーも実に様々な色を出すようになった。今や、万年筆はインクの色を楽しむ時代になったのかもしれない。

ink0101.jpg

 かく言う私は、昔ながらにインクは青が黒と決めていると言ってもよい。しかし、実は用途によって、茶色と緑のインクも使う。インクの色は書いている時に、また、後で見たときに「うるさくない」というのが私の信条だ。





unisef01.jpg


 写真に写したインクはどれもモンブランショップで頂いたものだが、万年筆に入れる気持ちにはならない。
 貰っておいて申し訳ないが、使わないだろうと思っていたが、筆に使ってみると面白いのではないかと思い、書いてみた。老いの楽しみとしては悪くない。


 橙色は、モンブラン・ラッキーオレンジ
 青は、モンブラン・ユニセフ・コレクション


 歳をとるほどに、着る服や身につける物を心がけて老いを感じないように、限界を超えない程度に色も考えるようになった。そんな思いもあって、貰ったインクを思い出したのだと思う。

unisef01.jpg








  ー 京都・祇園祭 ー

 祇園祭と言えば、宵山と山鉾巡行が有名で、その数日が祇園祭だと思っている人も少なくないと思う。しかし、祇園祭は7月1日から31日まで、毎日、何らかの神事や行事があり、一ヶ月に渡る祭だ。京都の町衆の底力なしには、成り立たない日本の祭の代表中の代表とも言える。以下は、京都市観光協会に紹介されている主な行事であり、この他にも重要な神事や行事がある。

■ 吉符入  7月1日~神事始めの意味で各山鉾町において、町内関係者が本年の祇園祭に関する諸事打合せをする。

■ くじ取式 7月2日 山鉾巡行の順番をくじによってきめる式。

■ 神輿洗 7月10日午後8時頃、神輿3基のうち中御座の神輿をかつぎだし、四条大橋まで運び、鴨川の水で洗い清める。

■ 前祭 鉾建て・前祭 山建て 山建て 7月11日~14日 7月10日~11日各町では巡行の山鉾が収蔵庫から出されて組立てられる。 鉾の組立ては伝統の手法で行い3日間を要する。
(今年は豪雨のため日程が後に下がった。)

■ 山鉾巡行・前祭(さきまつり)巡行 7月17日午前9時 四条烏丸出発。23基の山鉾。四条烏丸 (午前9時00分) →四条河原町(9:35) → 河原町御池 (10:20) → 新町御池(11:20)

■ 後祭 山鉾建て 7月18日~7月21日 後祭の山鉾10基の組み立てが行われる。

■ 後祭(あとまつり)宵山7月21日~7月23日 山鉾の建てられている町内は車両通行止めとなりますが、四条通等の歩行者天国はありません。露店の出店はない予定です。

■ 山鉾巡行・後祭(あとまつり)巡行 7月24日午前9時30分 烏丸御池出発。10基の山鉾。

烏丸御池 (午前9時30分) →河原町御池(10:00) → 四条河原町(10:40) → 四条烏丸(11:20)

■ 花傘巡行 7月24日後祭の山鉾巡行が17日の前祭の山鉾巡行に合同した約50年前に、 山鉾の古い形態を再現するねらいではじめられたもので京都花街のきれいどころの踊、鷺舞、六斎念仏、子供神輿、祇園ばやし、稚児など総勢千人の行列がつづく。
 八坂神社(午前10時00分) →四条寺町 → 寺町御池(10:50) → 河原町御池 → 四条河原町→ 八坂神社(12:00)

■ 神輿洗7月28日10日の神輿洗と同様、四条鴨川で洗いきよめ、午後8時頃神社へかえる。

 <京都市観光協会HP提供>(クリックで拡大) Link:■□ 京都観光協会 □■

ayanokoji01.jpg




















     ー 鉾建て ー

 今年の鉾建ては、あの全国的に被害をもたらし、京都も鴨川が氾濫しそうだったほどの豪雨のため、鉾建ての日程が止むを得ず変わった。
 上の図にある鉾は、道具は使ってもガソリンエンジンや電力は一切使わず、すべて人力で建てられる。「鉾建て」は、京都人にとっては、見るのに十分値する壮観な光景だ。まず、土台を縄だけで組み立て、それを一旦横に寝かせて、鉾の中心を貫く「真木」を建てる。これも大きな縄を屈強な大人が数人かかって、引き上げる。暑い中の作業で、汗だくになりならが縄を引く姿に、見物客からも思わず、「頑張れー」の声が響く。大縄を引く人は、交代しながら真木を引き上げる。20分〜30分ほどかかって、真木を土台に入れ込むと、今度はそれを立たせる。繰り返すが重機など一切使わない。大変な作業だ。
 錦の綺麗な衣装を纏うまでは、見事に巻かれた縄が見える。この図を写真にする人も多い。煌びやかな鉾も本当に綺麗だが、言わば素のままの鉾も見事だ。様式美がある。

hokotate01.jpg



鉾を組み上げる作業は、揃いの法被を着た男達の仕事だ。代々、口伝で伝えらたきた柱の位置、縄の巻き方、そして組み立ての順。一つでも間違えると鉾にはならない。

hokotate01.jpg

















 この他はすでに真木が備わっている。一本の真木が鉾を貫いていることがよくわかる。
 この鉾の周りには、立派な一眼レフを持った人たちが、地面に腰を下ろして盛んにシャッターを切っていた。

hokotate01.jpg

















 何と言っても、この真木を引き上げる瞬間だと思う。夕方とはいえ、まだまだ蒸し暑い京都。懸命に力を振り絞って真木を引き上げる。
 この瞬間を見ようと人集りができていた。縄を巻く歯車を力一杯回す男達と縄をたぐる男達。途中で、交代しなければ腕力と体力の限界に達する。見ている方も力が入る。見物客の多くから、「頑張れー、頑張れー」と声援が飛ぶ。
 派手ではないが、京都の力を感じる光景だ。













  ー 京都に住みながら ー

 京都に住みながら、他府県の人からは当然知っているだろうと思われるけど、案外知らない、行ったことがない、食べたことがない という場所や物があります。
 10年ほど前に京都新聞が調査した結果、京都人の京都知らずは、次のようなものでした。

  ■ ー 場所 ー(名所・旧跡・観光スポットなど)   
  • 銀閣   
  • 桂離宮・修学院離宮   
  • 平野神社
      ■ ー イベント ー(伝統行事・祭・最近の催し)
  • 葵祭
  • 鳴滝の大根炊き
      ■ ー 名物 ー(食べ物・おみやげなど)
  • 八つ橋
  • ゆば

     どれもこれも京都人なら知ってはいるけど、わざわざ見に行ったり、自分で買ったりしないものです。
    あくまで統計上のことで、京都のことなら何でも知っているという方ももちろんおられると思います。

      (写真下:京都「ゑり善」から少し北に入ったところで、裏寺町通りとの分岐路あたり)

    ayanokoji01.jpg



      ー マリーのカレー ー


    ayanokoji02.jpg

     

     幼い頃、私の父は、ビフカツならムラセ、とんかつなら本町亭、カレーはマレーといったふうに、決まった店に連れて行ってくれました。残念ながら、無くなった店もありますが、昔からの京都人なら、「ああ、懐かしい」と言われると思います。
     そんな店の一つにマレーのカレーというのがあります。正しくは、「マレーD」(マレー・ディ)という名の老舗のカレー屋さんは、道幅は1メールと少しくらいしかない細い細い路地に今もあります。この柳小路は、京都人でもあまり通らない、その名の通りの小路です。京都人は、「裏寺」(うらでら)をよく知っています。やや広い通りで、四条から蛸薬師に抜けるなら、「ゑり善」の横から、この「裏寺」(正式には「裏寺町通り」ですが、老若男女を問わす、みんな裏寺と呼んでいます。)を通るので、新しいショップに変わって、通りが賑わっています。しかし、この柳小路は通る人も少ないので昔の佇まいのままです。


      ー 柳小路の碑 ー

     

    ayanokoji03.jpg
     京都には、通りや寺社仏閣を示す碑がたくさんあります。その碑もまた、情緒豊かな佇まいで、道を案内される人の心を和ませくれるものだと思います。通りの碑を見てから目的の所へ行くのも趣があるのではないでしょうか。





















    柳小路

  •   〜 わたしだより 〜

     わたしだよりは、旅先が自分に送る絵葉書だ。郵便局で風景印を押してもらえる。
     旅先から帰ってしばらくすると、自分へのお土産が届く。

    kamiya.jpg

     この和紙に印刷された絵葉書は、自分が気に入って買ったもの。郵便に出さずに残している。
      ーコロタイプ絵葉書ー
     「コロタイプは、約150年前のフランスで生まれたプリント技術です。美しいガラスの板を使用することから、日本では瑠璃版などと呼ばれていました。
     コロタイプは撮影したネガフィルムそのものを版とするので、フィルムの持つ豊かなグラデーションをあますことなく表現することができます。すべてが熟練した職人による手作業で大変手間ひまのかかる技術です。
     その技から生み出される、なめらかで深みのある質感は他では得られない独自のものです。」(京都便利堂)

      〜 風景印 〜

    kamiya.jpg

    kamiya.jpg



     京都の多くの郵便局で、その地に由来する風景印を押してもらえる。  
    前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11