<お知らせ>

 このホームページのスライドショーでは、写真をゆっくり見ることができないという御意見をいただきました。
 そこで、できる限りになると思いますが、スライドショー無しで写真をアップすることにしました。別のブログページを利用して新設しましたので、ご覧ください。
 写真のブログは「萬年筆 - Stylo et Vie -」としました。このホームページのサブ・ブログのつもりです。
 上の画像をクリックするとサブ・ブログに移動します。写真の下には、このホームページでの紹介記事を表示するバナーを用意してあります。
     URL:http://blog.zaq.ne.jp/contrail/ 

フォトコンテスト フォトコンテスト フォトコンテスト フォトコンテスト






  昨年(2011年)11月の初めに万年筆通販店ペンハウスから次のようなメールが来た。

      ■『あなたのデスク大公開』フォトコンテスト!
      ━デスク写真大募集!賞に選ばれた方々には豪華プレゼント━
      ご自分(知人・友人も可)の自宅・会社などでお使いのデスク。
     「他人に見てもらいたい」「これは!」と思う机上がございましたら、
     「あるがまま、そのまま」で深く考えず、すぐにシャッターを...。
      ぜひお気軽にドシドシ応募ください。
      大賞受賞者様には、なんと#0,000円分のお買い物ポイントをプレゼント!

  
  上のメールのとおり、「深く考えず」に応募した。「あなたのデスクを大公開」と
 いうことだったので、以前、モンブラン149をPENSに載せた時、デスクの写真
 もあったなぁと思って、それを投稿することにした。

  今年に入って、「そう言えば、あのコンテスト、どうなったのかな」と思い出して、
 ペンハウスのページを見てみると結構な応募があり、なかには綺麗な写真や味わい深
 い写真、楽しい写真などが沢山あった。
  どう見ても入賞なんかするわけないと思って、暫く忘れていたが、つい最近になっ
 て、「そう言えば、結果はどうなったのだろう」と思いついて、トップページを探し
 てみると、やっとのことで、結果のページを見つけた。
  開けてみると、驚いたことに、私の写真が選ばれていた。「棚から牡丹餅?」最初
 は、いや、今でもそう思っている。

  もっと優れた綺麗で味のある写真がたくさんあって、私ならこれだなぁと思う写真
 がいくつもあった。上位2枚の写真(上の2枚目が大賞、3枚目が優秀賞、これは誰
 もが納得の結果だと思う)もそのうちの2つ。このコンテストはこれが初めてではな
 いらしい。出展者のコメントを読むとそれがわかる。
  次に応募するなら、片手間ではなくて、デスクのフォトコンテストに相応しい写真
 を撮って応募しようと思う。そうしないと他の参加者に申し訳ない気がしてならない。



 カレンを手にしてから15日あまりになる。少しずつ使い方が分かってきた。
 まず、キャップを尻軸に付ける時のこと。他の万年筆は、軽く差し込むだけで確り固定されるが、この万年筆、カレン ブラックシー STは、予想以上に力を入れてクイっと差し込まなければ、文章を書いているうちに外れてしまう。

 カレンには、最近出された「コンテンポラリーブラックST」や、従来からある他のタイプの外装のものがある。それらは軽く差し込むだけで確り固定されるのかもしれないが、実際には試したことがないので分からない。
 この点は、ペリカンやモンブランのように軽く差し込むだけでまるで吸い付くように固定されて外れないのとは、随分勝手が違う。ボディにキャップの差し込み傷が付くのを嫌う私には違和感があった。
 しかし、不便なことには代えられないので、思い切って通常より深く差し込むつもりで力を入れてみると、ある点でぴたっと止まり、そこまで差し込むとキャップは外れない。セルロイドやエボナイトのような吸湿性のある柔らかな素材とブラスの上にラッカーを塗った素材との違いだと思うが、あるいはこれも個体差があるのかもしれない。
 ともあれ、コツが分かればキャップが外れる心配はない。今のところキャップの差し込み傷も付いていない。

 次にインク。ペン先を見て、ハート穴がないのに、しかもペン芯も見えないのに、どうしてインクが送り出されるのか不思議だったが、極めて順調に、ほど良くインクが紙に乗る。
 最初は、自分でブレンドしたオリジナルインクを入れて使っていたが、細字のペン先にはウォーターマン独特のブルーブラックが似合うと思って、カートリッジに代えた。
     (右の見本は、紙のテーブルナプキンに
               インクを吸わせたもの)

 日本で手に入る殆どのメーカーのブルーブラックを試したが、結局落ち着いたのは4色だ。粒子が最も小さくて書いた時の色と1年後の色が変わらないペリカンのブルーブラックと墨色に近いシェーファーのインクと、ブルーブラックと思えないほど鮮やかでターコイズっぽい色のウォーターマンのブルーブラック、それにブレンドした自分のインクだ。
 太い線にはオリジナルを入れて、細い線には、万年筆に応じて既製のインクを入れている。カレンにはそのメーカーのブルーブラックが似合う上、インクフローも最も安定している。

 最後にペン先の角度。海外メーカーの万年筆の殆どがそうであるように、ペンポイントが通常はペン軸の上部に沿って、やや中心より上にあるのだが、カレンはそれが鉛筆の芯のように軸の真ん中にある。この角度の差は、日本語を書くのに大きな影響を及ぼす。英文を書くのには、羽根ペンのようにペンポイントが上にあるほうが書きやすい。
 しかし、漢字を書くのには、和筆の穂先のように中心にあるのが良い。海外メーカーの万年筆で、ペンポイントが中心近くにあるものを求めるなら、かなり大型のものでなければならない。ペン軸が太いと、握った時に自ずとペンポイントが中心寄りになる。
 私が、大型の万年筆を好む理由もそこにある。それでも、最初に買ったモンブラン149は、購入時にペンポイントを1㎜ほど中心に寄せて貰った。それで随分書き味が変わった。カレンは最初からペンポイントが中心にある。鉛筆やボールペンのように完全に中心にあるわけではないが、限りなくそれに近い感覚で筆記できる。
    【PENS ウォーターマン カレン ブラックシー STの記事にリンク】

  ほぼ日手帳2012

  ほぼ日手帳2012は、発売されてすぐにロフトでリフィルを購入した。
  一週間ほど前に包装を外して、早速書いてみたが、期待を裏切らない
  書き心地だった。
  来年も、毎日、充実した記録を書き綴ろうと思う。それにはまず、
  充実した時間を過ごさねば・・・。

2012techo-02.jpg   2012techo-03.jpg

  リフィルには、「ほぼ日手帳の使い方」が一枚入っていて、色んな人の
  色んな使い方が紹介されている。
  結局は、「自分で決めれば良いのだ」と、毎年思う。


  万年筆で書くのには、ちょうど良い滲み具合なのだ。たぶん、万年筆の
  試し書きをするなら、この紙が一番だと思う。
  万年筆に正直な手帳、自分に正直になれるダイアリー、自分だけの手帳なのだ。

2012techo-04.jpg











  レイメイ藤井の手帳

  12月に入ってすぐに、来年の仕事用手帳を買い求めに百貨店に行った。
  驚いたことに、今までずっと使っていた「ダイゴーの手帳」の中身がクリーム色に
  なっていた。
  何かの間違い?と思いながら、他の手帳メーカーを全て見てみると、見事にみんな
  クリーム色だった。
  ダイゴー社にメールで問い合わせたが、来年度用から白色は作らないとのことだった。
  どうしようと思いながら、書店やら、別の百貨店やらを探したが、白色の紙は、
  レイメイ藤井の「スタイリッシュネスダイアリー」しかなかった。
  少々値段ははったが、これを購入して、カバーを外して、自分のカバーに差し替えた。
  手帳メーカーさんに何かが起こっている。
  中身はバーチカルとかホリゾンタルとか、罫線とか方眼だとか、カレンダーは翌月だけ
  か、2ヶ月分だとか、サイズや形もバリエーションは沢山あるのに、どうして紙は、
  みんなクリーム色になったのだろうか。

2012techo-01.jpg


reform1745 reform1745 reform1745 reform1745 reform1745









  リフォーム社のカタログ

  一番左の写真:女子大生が万年筆を頬にあてている。<説明文>

  キャンパスでの長い青春
  そのあいだ・・・・・・リフォームは
  いつも私といっしょだった
  私のまわりはどんどん成長していった
  でもリフォームはちっとも
  変わらなかった 書き味もスマートさも・・・・・・


  赤い車の写真:フロントウィンドウ越しにペンを見せて。<説明文>

  西ドイツ・ハイデルベルヒ、1928年、このアカ
  デミックな伝統の街からスタートしたリフォームは、
  大学生、教授などの筆記具にうるさい大学関係
  者のきびしい批判と要望にこたえて、手ごろな
  価格で、すぐれた書き味の万年筆をつくりつづけて
  きました。この40年の長い歴史にささえられた
  技術は、最新鋭の近代合理化設備を得て、
  リフォームだけが世界に誇る特殊構造の万年筆を
  生みだしました。大衆的な価格で、しかも
  高精度の万年筆---この合理的精神から
  つくりだされた万年筆、ボールペン、ペンシルは、その
  ひとつひとつが、納得しなければ決して妥協しない
  ドイツ気質がはじめてつくりえた筆記具の傑作
  といえましょう。


  一番気に入ってるカタログは、PENSのページに載せた。
        リンク   
前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11