Pelikan M120 Green-Black

  - Pelican sent me an article concerning M120 -

  I bought this fountain pen, M 120 Green-Black Pelikan, one day just around two years ago in the early summer, 2016. I knew the Pelikan would launch a retro design pen that would be a facsimile edition of the old M120 the Pelikan put out into the world for the first time.
  Because I've never seen the old model, 1955 M120, it is still uncertain that the new model is the exactly the same as the old one. GreenB;ack10.jpg But according to the article sent from the Pelikan on the Internet, they would reprint the old M120 with the same design, material, and gold plate stainless steel nib.








  Only the differences are that they would adopt piston inhale mechanism and engrave the pattern of 1889 price catalog on the nib plate. Anyway I got to know all about this in the spring of 2016 and completely was fascinated with shape, form and the two-tone color, green and black. What a beautiful and lovely pen!
  I waited impatiently the day I would see and buy (probably). If the writing condition of the pen is too bad to buy, all I should do is to just resign. That's all. However, I was not afraid about that. It's "Pelikan".
  At last I met the M120 Green-Black at the pen shop. It was just as expected, no, more than as expected. I tested the writing condition of EF nib. It was good. And as I expected I bought it. From then, I use it in my daily life, writhing diary, taking note of what I get interested in, calligraphy and so on.

    - レトロ感を醸し出す現代の万年筆 -

Greenblack11.jpg
 この万年筆を買ったのは、ちょうど2年前の初夏の頃だった。その年の初めにペリカン社から新しくM120を売り出すとの案内メールが送られて来て、ブラウザで記事を見てみた。まず落ち着いた色のグリーンとブラックに金色のトリムが美しいと思った。以前、このブログでも言及したが、このグリーンは、ジャガー車のグリーンでとても落ち着いている。
 1955年、ペリカン社が初めてM120を発売したときの復刻版らしい。スーベレーンM800やM1000そしてM400を何本も所有している。私がペリカンの愛用者であることは自他共に認められていると思う。
 このM120は先に売り出されたM101Nのトータスシェルブランやリザードとは全く趣が違う。M101Nの軸のレトロ感も良いが、M120はペン先が金ではなく金色に鍍金されたステンレススティールなので、求め易い価格であることも評価できる。ピストンフィラーであることと、ペン先の刻印(1889年のペリカン価格表の模様らしい)も洒落ていて好感が持てる。
 ちょうど、嗜好が中字から細字へと変わりつつあった時だったので、この細身の万年筆のFかEFあたりなら買い求めても良いと思って、試筆してみた。
CafeCreme09.jpg
 ペン先の紙へのあたりに硬さは感じるものの、思う線が書ける。筆圧の加え方で、日本語のトメ・ハネ・ハライも表現できる。試筆後すぐにこれを購った。
 スーベレーンの柔らかさでもなく、トータスシェルブランやリザードの柔腰でもない、独特な弾力を持った硬さが普段使いに重宝するペン先だ。メモ書きや日記に細かな字を書く時、書にも使える。
 

■ ペン先 : 24金プレートスチール /  文字幅 : EF
■ 機構  : 吸入式
■ 長さ  : 130mm(収納時) /  約150mm(筆記時)  軸径最大:約13mmφ
■ キャップ径 : 最大:約13mmφ (クリップを除く)
■ 重さ  : 約14g
前の記事 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13